So-net無料ブログ作成

上海 南京東路 ぼったくり 事件 [二都物語]

夕方の外灘を見て、次の観光スポットの南京東路に行った。デジイチが目立ったかもしれない。
何人かの女性がどこから来たかとか話しかけてくる。Japanとかリーベンとか応えて適当にあしらって南京路歩行街の終点まで来てしまった。
夜景まで結構な時間があるので何を食べようかと思いながらブラブラ。
小柄なそこそこかわいい若い子が非常な上手な日本語で話しかけてきた。
どこから来たか確認する役とキャチ役が組織化されていたようだ。
ぼったくり事件が頻発していることは被害に合うまで知らなかった。
「22才」「東京の資生堂で半年働いたことある」「京都には行ったことないけど桜をみてみたい」とか会話した。
日本のことをよく勉強していると感心し悪意は感じさせない。
そのうちにコーヒー飲みながら話しましょうと言うんで暇つぶしに、洋服屋に入ってすぐ右のストリートに面したエレベータを上がった。
怪しいと感じたが、こんな店もあるのかと。
何を飲むのか聞かれたのでコーラと応えた。
フルーツとコーラと洋酒が6杯位出てきた。
ボッタクリであることはこの時感じたか精々1万円程度かと腹をくくった。
友達という女性が一人きてまた洋酒が6杯位出てきた。
空いてもないのに更に6杯位出てきてさすがに出ると言った。
最初 6000元代と言ってきた。 高いと日本語で言うと今度はモレがあって9838元のを持ってきた。
一人の男性が出てきて身の危険を感じたのでクレジットカードでサインした。
控えを渡さないので要求し入手した。
IMG_0807.JPG

場所の特定を困難にさせる為に従業員が使うエレベータで降り裏口から外に出された。
彼女らは悪びれた様子はなく店とは関係なくことを装っていた。晩飯を食べたいと言うのでやけ気味に彼女らが行きたいと言うイタリアンに行き晩飯とテイクアウトを勝手に奢らされた。トータル363元を現金で支払った。
テイクアウトしたものを85才の祖父に届けるので一時間後に会おうと言われトンずら。これは想定していた。

10万円以上はサインしてしまったのであきらめようと考えたが、クレジットカードがスキミングされてないか不安になった。
ネットで 上海 ボッタクリ で検索掛けたら頻繁に発生していることとクレジットカードなら被害額を減らせる可能性があると記載があったので 翌日は17:15発の出国までフリーなのでとりあえず在上海日本国総領事館に電話しよう。

9時に 02152574766  に電話して事情を説明しパスポート番号を伝えた。
被害にあった店を見つけてそこを所管する公安に伝えること。が最低限必要と言われた。
中国語との通訳は日本語コールセンター 962288 が携帯電話で対応してくれるとのこと。
当初は 織田裕二みたいな外交官が飛んできてサポートしてくれると予想していたのでガッカリ。
お店は見つけられるか不安 でもクレジットの控えには店名が記入されているので前科があれば公安で判るハズと思った。

南京東路に行き、歩いている公安に派出所の場所を聞いた。
黄浦を背にして、南京路歩行街の最初にクロスする路地の右を50mほどの右手にある。
公安局でまずどう対応したら良いかがわからないので 962288 に電話して 3 を押すと日本語ができる女性スタッフとつながるので事情を説明した。
電話を公安に渡すように言われたので クレジットの控えを指さしてなんとか電話を公安に渡した。
クレジットの店は知らない。場所がわからないと何もできないと全く親身のかけらもなかった。

とりあえず店を探した。
エレベータ位置の記憶を頼りに探して南京路歩行街の終点まで行ってしまった。
有名ブランドが入っている建物ではないとの記憶をたよりに昨日のように戻ってみた。
公安の所まで戻ってきてしまった。
後は公安の反対側の建物しかない。見つけた。エレベータは 6Fと7Fしか止まらない。7Fだった。客がいないところでキャリーバックを転がした日本なのでスリルを感じて間違って来てしまった風をした。
南京東路383
IMG_0797.JPG

962288 に電話して見つけたことを伝えて公安にiPhoneを見せた。ここの100mの所で事件やんと思うが、公安の親身は全く感じられず。時間は11時過ぎ。昼休みの者が帰ってきたに行くということでやっと安堵。
二人の公安と一緒に行って座った場所を伝えた。チーママみたいなものと9000元の支払いで合意した。
___1.jpg
カウンターのコーヒーサーバー、棚に洋酒を陳列。洋酒はこれを飲んだという説明の為という意図がありあり。
現金が届くまでまで不安。その現金を奪い戻そうとするのでないか。
100元札を90枚数える時は緊張。
下に降りると公安とはバイバイ。
私はパスポートも見せてないし書類の記入も一切ない。記録として残らない社会システムなのだ。
とりあえず尾行がいないか確認しながら地下鉄で対岸に移動。

リニアモーターの乗車待ち時間に、962288 にお礼の電話。
在上海日本国総領事館に電話して結末と店の住所を知らせた。

私が、何を飲食したかが返金率のポイントの用である。洋酒を全く飲んでいないことで90%以上リカバーできたみたい。
公安からなぜ当日来なかったと言われた。当日ならそのクレジットを一旦キャンセルさせるみたい。

上海に行く人への注意喚起と会ってしまった人の手助けになればと思います。











nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 1

般若坊

大変参考になりました。以前韓国でも同じ目にあいましたので・・・
by 般若坊 (2012-05-17 20:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。